住宅を売るならば家はキレイに保つ必要があるが、リフォームをしないで売ること、リフォームは買主の勝手にさせること

失敗なし!中古住宅購入マニュアル
失敗なし!中古住宅購入マニュアル

住宅を売るならリフォームをしないで売ること

不要になった住宅を売るときにはできる限り早い段階で売れるように努力する必要があります。そのためにはこれから買おうとしている人の魅力をひきつける必要があります。まずは手ごろな価格設定をしておく必要があります。しかし中古な不動産を買いたい人は後で後悔しないためにも必ず現地へ出かけて直接その不動産を確認することになります。その直接の見学で買うか買わないかを決断が決まる可能性を大きくします。そのため魅力ある不動産に見せかけるためには家はキレイに保つ必要があります。そのためには誰も住んでいないとはいえ、近くに売り主が住んでいるならばできる限りこまめに家の中を掃除したり庭の草を除草するなどしてできる限り荒れていないようにそしてキレイに見せかける必要があります。

さて売りたいならば家はキレイに保つ必要があるが、ここで気になるのは家はいくら掃除しても年数が経過したら掃除だけできれいさを保つにも限界があります。どうしてもリフォームをする必要に迫られます。しかしながら注意しておかないとならないのは売るときには売り主はリフォームしないで売るということです。というのは売り主が満足するリフォームと買い主が満足するリフォームは違うかもしれないからです。そのためリフォームは買い主の勝手にさせることのほうが得策になるのです。また売り主が売れる前からリフォームをしたら余計な費用がかかってしまいます。また売れたら税金申告しないとなりませんが、高値で売れるほど税金の支払額も増えてしまいます。リフォームで仮に400万円したとして1400万円で売れる場合と、リフォームは買い主の勝手にさせて値引きして1000万円で売れたならば税金申告前の差し引きの儲けはどちらも1000万円ですが、税金の申告納税額は前者の方が高くつく可能性が大きく、申告後の儲けは後者の方が多くなってしまいます。だからリフォームは買い主の勝手にさせて売り主は施行しないようにするのです。

Copyright (C)2017失敗なし!中古住宅購入マニュアル.All rights reserved.