中古な住宅を売りに出すなら仲介手数料で両手取引の不動産屋に注意しておいたほうがいいかもしれないということ

失敗なし!中古住宅購入マニュアル
失敗なし!中古住宅購入マニュアル

中古な住宅を売りに出すなら両手取引の不動産屋に注意かも

住まなくなった住宅を家族や親族以外の第3者に手放すならば売りに出す必要があります。しかしそこにいた住人自身あるいはその関係者個人が直接売りに出すには売買に関するノウハウが足りなさすぎるのでどこかの不動産屋さんに仲介してもらうのが賢明な選択肢になります。もちろん依頼された不動産屋さんもまったくの無料で引き受けてくれるわけがないので売り主は仲介手数料を何らかの形で支払う用意をしておく必要があります。この仲介手数料は最近では一部の業者では一律何万円とかあるいは無料にするとかしていますが、長らくの間400万円を超える金額の場合は3パーセントプラス6万円というのが業界の慣習でありました。もっとも手数料が無料の業者があるといってもどこかでその分を調整していることに注意をしないとなりません。仲介手数料を売り主から約束された業者は早期に売買契約できるよう他の業者と連携するなどして契約を急ぐことになります。そして契約が成立したら売り主から依頼された業者は売り主から、提携不動産業者は買い主からそれぞれ仲介手数料をいただいて契約が完了します。

さてその仲介手数料ですが、不動産屋さんの中にはあろうことか、その仲介手数料の3パーセントを買い主からも売り主からもそれぞれ徴収してしまおうという業者があるというのです。つまり他の不動産業者と提携して買い主を見つけるのではなくて、自分1社で買い主を見つけようというスタイルです。これを両手取引というのですが、それをやっている業者というのは大手の不動産屋が多いらしいということであります。もっとも大手でなければどこでも大丈夫というわけでもないし、大手がすべてダメというわけでもないのですが、しかし自分1社で売り主と買い主から手数料をいただくというスタイルを実行しようとしたら手数料欲しさのために他所の不動産業者と提携することを拒んでしまいます。なぜならもし他所の業者の広告経由で買いたい顧客が出現したならば買い主からの手数料は他所に持っていかれるからです。それを阻止するためには自社でしか売り主の物件を紹介しないスタイルを貫くことになりますので広告の数も少なくなってしまい売れるチャンスを少なくしてしまうのです。だから両手取引を実行している業者には依頼してはならないのです。

注目リンク

Copyright (C)2017失敗なし!中古住宅購入マニュアル.All rights reserved.