中古住宅を購入する時に注意をしたい部分としては、やはり情報集めです。売主の方にきちんと聞きましょう。

失敗なし!中古住宅購入マニュアル
失敗なし!中古住宅購入マニュアル

中古住宅を購入する場合には

中古住宅というのは基本的に、誰かが住んでいた家であるのは間違いありません。つまり、それまで生活をその家でされて来たのです。その為に、新築とは少し違いますよね。どうしてもあちこち傷んでしまっている場合もあるかもしれません。失敗しない為には何が必要なのかというと、やはり、売主の方の話をきちんと聞くというのは基本中の基本になっていると思います。ただ、見学をするだけでは十分ではありません。本当に良い物を購入したいと思ったのならば、あらゆる面で、情報を集めて行くのが大切になって来るのではないでしょうか。しかし住宅を購入するというのはほとんどの方が生まれてはじめての経験だと思います。売主の方に話を聞くと言っても何を聞けば良いのか分からないという方も非常に多いのではないでしょうか。これは本当に困ってしまう問題だと思います。ただ、いくつかポイントがありますので、それを参考に聞いていけば良いのではないでしょうか。

まず、建物の情報はちゃんと聞いておかなければならないと思います。仲介業者さんからその物件の情報を知った方もおられるかもしれません。しかし、その情報には書かれていない物もあるかもしれません。まずは実際に内見をして自分の目で確認をしなければならないでしょう。例えば、修繕や、リフォームの部分は本当に注意しなければならないです。例えば内装や外装がありますよね。そこに壊れている部分は無いのか、あるいは、綺麗にするのが大変な汚れ等はないでしょうか。メンテナンスはしっかりと出来ているでしょうか。そういった部分をしっかりと見ておかなければならないのです。他にも、ボイラーやコンロがありますよね。こういった部分の設備はどれぐらいの物なのかもちゃんと見ておかなければならないでしょう。特に寒い地域に住まわれるのでしたら、命にも関わって来る部分なのは言うまでもありません。快適なのかどうかちゃんとチェックをしておきましょう。そしてそれを売主の方にきちんと聞いておきましょう。

Copyright (C)2017失敗なし!中古住宅購入マニュアル.All rights reserved.